Just another WordPress site

薬を使えば確かに一番手っ取り早く生理は来るでしょう。
「エストロゲン」か「プロゲステロン」のどちらか不足していると思われるホルモンを投与することになるわけで、それによってホルモンバランスを整えて生理の調整をするわけです。

確かに生理はそれで来るでしょう。 ですが、人間の体は、そうした体の外部からの投与を必要としているわけではありません。 外部からの投与を行うということは、逆に言うと、体内でそうしたホルモンを分泌する必要がないと体に言い聞かせてるようなものですから、体の自然のホルモンの分泌量は結果としてそうした必要なホルモンを減少させる方向に向かいます。

つまり、薬に頼らないホルモンの分泌量はますます崩れてしまう結果になってしまいます。

ホルモン剤に頼ることなく、卵巣の機能をしっかり調整して人体自らしっかりと必要なホルモンを分泌するよう体の調子を整える方が、本筋でしょう。

決して安易で一見楽に見える改善策に流されない心が望まれるところです。

また、薬ともなると、当然ですが、副作用もあるものです。体がそうした副作用で次第次第に蝕まれて行くことにも注意しなければなりません。

繰り返しますが、健全な女性の身体ならば、薬など投与することなく、ホルモンバランスはしっかりとれるものです。 この最も基本的なことを忘れないようされてください。

--> 生理不順を解消する   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

Copyright (c) 生理不順を解消して女子力アップ All Rights Reserved.