Just another WordPress site

基礎体温

基礎体温というのは、体温は体温でも、体を動かしたり風邪などの病気を
ひいてないときの安静状態での体温のことをいいます。

この基礎体温は女性では、生理周期と大きくかかわっています。

そのため、生理不順の原因分析にも使えるデータとなりますので、
よくよく認識しておきましょう。これは重要です。

大まかに言えば、
生理が始まってから排卵が起きるまでの低温期にはエストロゲンが分泌されます。
排卵と共に高温期へと移行して、基礎体温は約0.3度~0.5度上昇してきます。
黄体ホルモンが分泌される高温期は排卵後から次の生理までの期間ですが、
これは、個人差はほとんどなく、誰でも約2週間です。

つまり、生理周期の個人差は、ほぼ低温期の長さの個人差といえます。

自分が生理周期のどの時点にいるのか、普段から婦人体温計を用いて
測っておきましょう。

これが、生理不順を引き起こす病気や、不正出血などの判別に役立ちます。
病気になる前に自分の状態と基礎体温の傾向を把握しておきましょう。

体温の変化は小数点以下の体温を読み取る必要がありますので、
一般の体温計ではなく、専用の婦人体温計を用いましょう。

測定は、起きているときの心身の活動の影響を受けにくいタイミングを捉える必要があります。
そのため、通常は、十分な睡眠をとって起きて目が覚めた朝などが良いでしょう。
夜勤明けの朝とかは不適切ですので、1日の中で、最も心身が休まっているタイミングに行いましょう。

必ず何周期か測り、基礎体温と生理のどの時期かを把握しておきましょう。

人によっては、高温期になってから排卵が起きてる方もいらっしゃいますので、
自分の傾向はしっかり把握しておきましょう。
季節によっても微妙に変わってきます。
また、風邪などで発熱してる時は言うまでもありませんが、参考になりません。

--> 生理不順を解消する   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

Copyright (c) 生理不順を解消して女子力アップ All Rights Reserved.